ホットな高尾山情報

                                                         投稿はこちらから info@forest-tokyo.org



ホットな高尾山情報(19) (10月末編)

                                【10月29日の情報 高尾山GC作戦担当】

 ~紅葉まつり始まる~

 

 10月29日から紅葉まつりが始まり、高尾山は人出がいっぱいです。モミジも色づき始めました。

 日影沢林道の入り口ではツリフネソウ、キツリフネが咲き残り、膨れた実を触るとパチンと種を飛ばします。林道ではサラシナショウマが白いブラシの様な花を咲かせています。レモンエゴマの実をつまむと爽やかな香りが漂います。セキヤノアキチョウジが細長い筒形の花をつけています。

  紅葉まつりが始まった高尾山頂は大賑わいです。人混みの脇でナワシログミとシロダモが地味な花をつけています。シロダモは赤い実と淡い黄色の花が同時に観察できますが今年は赤い実がありません。

  アキノキリンソウの黄色い花が咲き残っています。

 霞台園地では日当たりの良いイロハモミジが紅葉しています。工事用の囲いが出来て暫くの間、ベンチが使えなくなっています。また4号路は工事中で暫くの間通行できません。麓の599ミュージアム前ではメグスリノキがサーモンピンクに紅葉しています。

3本仲良く並んだサラシナショウマ

 

 

爽やかな香りのレモンエゴマの実

 

 

筒形の花セキヤノアキチョウジ

人混みの高尾山頂

 

 

地味な花ナワシログミ

 

 

淡い黄色のシロダモの花

咲き残ったアキノキリンソウ

霞台園地のモミジ

サーモンピンクのメグスリノキ



ホットな高尾山情報(18) (9月末編)

                                【9月24日の情報 高尾山GC作戦担当】

  〜雨の山頂は木犀の香り〜

 

月末の雨の高尾山は、人出が殆ど無くひっそりとしてキンモクセイの香りに包まれています。

旭稲荷前の広場では、クサギが赤い萼と紫青色の実が奇麗なコントラストを誇示しています。

稲荷様の赤い鳥居がついに壊れてしまいました。稲荷山からの展望はありませんが、木々の間から麓の雲が雲海のように見え隠れします。6号路分岐から先の登山道は木道となり、昨年までの泥んこ道の面影はありません。

 

赤い萼と紫青色の果実をつけたクサギ

 

 

静寂と香りに包まれた高尾山頂

 

 

山頂を香りで包むキンモクセイ

花は黄色実は紫色のノササゲ

鞘が赤く色づいたトキリマメ

冬に氷の華を咲かせるシモバシラの秋の花

細い花弁のカシワバハグマ

 

 

幽霊のようなアキノギンリョウソウ