2024年 FIT会員の投稿

 

                                                                                                    写真をクリックすると拡大表示されます

 

投稿はこちらへお願いします  info@forest-tokyo.org

                       


霧ヶ峰からのたより 4

2024年2月24日 山田多惠子(霧ヶ峰在住)

224日、連休の中日であらしのような1日が終わりました。

私事ではありますが、前冬季より車山高原スキー場でインストラクターとして働くことになり、

年末年始、週末とちびっこの初心者相手にスキーを教えています。

先週末は訳あって住処の山小屋から車山高原スキー場まで歩いて通いました。 その時はまだ登山道に雪が残っていたのですが、その後全国的に暖かくなり、 霧ケ峰車山も+気温で温かい雨が降りました。
先週末は訳あって住処の山小屋から車山高原スキー場まで歩いて通いました。 その時はまだ登山道に雪が残っていたのですが、その後全国的に暖かくなり、 霧ケ峰車山も+気温で温かい雨が降りました。
昨日23日に1日雪が降り続きなんとか雪のあるスキー場で連休となりました。 今朝24日は-10℃まで気温が下がり、樹氷を見ることができました。 先週の車山湿原の登山道と今日の樹氷
昨日23日に1日雪が降り続きなんとか雪のあるスキー場で連休となりました。 今朝24日は-10℃まで気温が下がり、樹氷を見ることができました。 先週の車山湿原の登山道と今日の樹氷
フクジュソウ
フクジュソウ
そして22日、温かい雨の滴が垂れたその状態で気温が下がり始め木々に蕾が ついたような状態のまま凍り付きました。
そして22日、温かい雨の滴が垂れたその状態で気温が下がり始め木々に蕾が ついたような状態のまま凍り付きました。

温かくなった数日の間にに咲いたフクジュソウ

みなさん「武田信玄」や「霧の子たち」を書いた新田次郎(ペンネーム)をご存じでしょうか。

上諏訪の中腹に段々畑が続く場所に「角間新田区」という谷戸地形があります。

江戸時代の寛永18年に入植したと聞いています。

新田次郎の出身地である「角間新田区」です。本名は藤原(フジハラ)さんです。

そこの段々畑にはフクジュソウが咲き始めました。

もう少し寒い日と暖かい日を繰り返すかなと思います、タイミングを見て写真撮影などに訪れるのもいいと思います。



房総丘陵を歩く ⑵

2024年2月17日 清水好博

房総半島には山がないという。実際に歩いてみると、そう言える地域もあれば急峻な所もある。

 

遠い昔(第三紀中期)はごく一部(嶺岡山系)をのぞき海であったという。地質地図を見ると半島全体は主に砂と泥が堆積したものでできていることがわかる。そのため地盤はやわらかく随所に手掘りの隧道や川廻し(岩に穴をあけ川の流れを短絡させ新しい耕作地をつくった)が見られる。

房総丘陵の自然を考える上で重要なポイントが鋸山と清澄山を東西に結ぶ標高300m前後の山々である。これを鋸・清澄ラインと呼ぶことにする。

このラインによって半島は南北に分けられるといってもよい。

 

南は安房の国、北は上総の国である。このラインはよく見ると南北の分水嶺になっていて北側は緩やかに傾斜し、西から小糸川、小櫃川、養老川が蛇行を繰り返し深い渓谷と急峻な地形を形成し、それぞれ東京湾に注いでいる。注目すべきはその蛇行であり、関東地方では他に類を見ない。上流部には小糸川は三島湖、豊英湖、小櫃川は亀山湖、笹川湖(片倉ダム)があるが、養老川はなぜか中流域に高滝ダムがあるだけである(経緯はお調べ下さい)。

 

ラインの南側にある嶺岡山系の南側はプレートが沈み込む際削り取られた何層かの付加体からなっていて、急峻な山々を形成している。房総のハイキングコースは主に鋸・清澄ラインからこの地域に集中している。よく見るとそれぞれが独立した形になっている山々もあり、その周囲は平地になっていて、国道や県道で囲まれ、農地農村が点在する。それ以降は南端までは再び泥と砂の堆積層や付加体から成り立っている。

 

丘陵中北部は俗に雑木林といわれるコナラ、カシ類、スダジイ等を主体とした二次林で、鋸・清澄ラインに近づくほど常緑広葉樹が増えて、ほぼ7割程度常緑樹となり種類も増える。落葉樹ではアカメガシワ、イロハモミジなどに加え、湿った向陽地ではアブラギリが目立つ。昔、産業用に栽培したものが野生化したものと言われている。

南部沿岸地域はマテバシイが中心の二次林で、その中に、ヤマモモ、カクレミノ、イヌマキ、ヒメユズリハ、トベラなどが仲良く生えていた。

 

おもしろいのが鋸・清澄ラインの南北数キロの範囲で、何が見つかるかわからない魅力満点の地域。モミ、ツガ、ヤブニッケイ、サカキ、タイミンタチバナ、バリバリノキ、ホルトノキ、カゴノキ、バクチノキ、アリドオシ、イズセンリョウなど多数ある。シカが多いはずなのにアオキがやたら繁茂する山もありどこで何に出会うか期待しながら歩ける。とにかく常緑広葉樹を学ぶには最適地です。

なお、記述は私見に基づいたもので必ずしも真実とは限りません


多摩ニュータウン散歩 (24)

2024年2月10日 宮入芳雄 

●多摩センターのベネッセコーポレーションのビル前にはよく分からないモニュメントが置かれている(メデューサか八岐大蛇?)。子ども達は「こわ~い」「気持ち悪~い」と言いながらも、けっこう喜んでいる。2014.1.7 【多摩市落合1-34】
●多摩センターのベネッセコーポレーションのビル前にはよく分からないモニュメントが置かれている(メデューサか八岐大蛇?)。子ども達は「こわ~い」「気持ち悪~い」と言いながらも、けっこう喜んでいる。2014.1.7 【多摩市落合1-34】
●FITの新年会の帰り。多摩センター駅から「パルテノン多摩」に続くイルミネーション。10月から始まったのだが、今年は随分引っ張る。まぁ、きれいだから文句をつけても仕方無いのだが・・・。2024.1.13 【多摩市落合1・パルテノン大通り】
●FITの新年会の帰り。多摩センター駅から「パルテノン多摩」に続くイルミネーション。10月から始まったのだが、今年は随分引っ張る。まぁ、きれいだから文句をつけても仕方無いのだが・・・。2024.1.13 【多摩市落合1・パルテノン大通り】
●多摩センター駅前にある電話ボックス。車いす用のボックスも設置されている。だが使用されているところを一度も見たことが無い。ただ、災害の時にはこの固定電話は役に立つ。東日本大震災の時、携帯電話はまったく役に立たなかったが、固定電話は繋がり、浦安の長男一家の無事を確認できた。無用の長物のように見える駅前の電話ボックス。でも、そこにあるだけで安心する。2024.1.25 【多摩市落合1・多摩センター駅前】
●多摩センター駅前にある電話ボックス。車いす用のボックスも設置されている。だが使用されているところを一度も見たことが無い。ただ、災害の時にはこの固定電話は役に立つ。東日本大震災の時、携帯電話はまったく役に立たなかったが、固定電話は繋がり、浦安の長男一家の無事を確認できた。無用の長物のように見える駅前の電話ボックス。でも、そこにあるだけで安心する。2024.1.25 【多摩市落合1・多摩センター駅前】
●夕暮れ。ベンチに座ってバスを待ちながら空を見ると、葉を落としたケヤキが目に飛び込んできた。いつもは全く気にしないのに・・・冬だなぁ。2023.12.23 【多摩市落合1・多摩センター駅前バスターミナル】
●夕暮れ。ベンチに座ってバスを待ちながら空を見ると、葉を落としたケヤキが目に飛び込んできた。いつもは全く気にしないのに・・・冬だなぁ。2023.12.23 【多摩市落合1・多摩センター駅前バスターミナル】
●ケヤキの幹に地衣類の「ローソクゴケ」が付着していた。この黄色を和蠟燭(わろうそく)の色付けに使ったという。ケヤキの樹皮は鱗状に剝げ落ちる。形も樹肌の模様もそれぞれ違うので、これを使ってジグソーパズルのネイチャーゲームを行う。大人よりも子どもの方が発見が早い。ケヤキのジクソーパズル、知っていましたか?2023.12.27  【多摩市豊ヶ丘2-1】
●ケヤキの幹に地衣類の「ローソクゴケ」が付着していた。この黄色を和蠟燭(わろうそく)の色付けに使ったという。ケヤキの樹皮は鱗状に剝げ落ちる。形も樹肌の模様もそれぞれ違うので、これを使ってジグソーパズルのネイチャーゲームを行う。大人よりも子どもの方が発見が早い。ケヤキのジクソーパズル、知っていましたか?2023.12.27  【多摩市豊ヶ丘2-1】
●暖冬といわれるこの冬だが、この日はしっかりした霜柱が出来ていて、午後になっても融けることは無かった。2024.1.26 【多摩市豊ヶ丘2-1】
●暖冬といわれるこの冬だが、この日はしっかりした霜柱が出来ていて、午後になっても融けることは無かった。2024.1.26 【多摩市豊ヶ丘2-1】


房総丘陵を歩く (1) シダ

2024年1月15日 清水好博

隣県同士だが「海を隔てている」ためか東京と千葉では植生が大分違うようだ。

よく解説書には分布域に「千葉県以西」という表現が使われていることからもわかる。

千葉県の森林率は28.8%と全国平均の半分以下(逓減気味)だが房総丘陵以南を見るとおよそ50%程度以上が森林で歩いていると結構豊かな森林地帯と感じる。

森林の約半分は天然林で、3割強をしめる人工林の8割超はスギである。スギに適した環境であるといえる。

シダの植生に関しては、路傍や林縁では圧倒的にホシダが多く、崖地ではコモチシダ、スギの植林帯ではリョウメンシダが優先している。少し乾いた所ではウラジロ、コシダ、ベニシダなどが生えているが、思ったより少ない。湿気を好むスギ人工林の豊かさと谷の多い地形がシダの生息に適していると感じた。暖地系の違った植生を観察できて楽しい。

間違いを見つけられた方はご指摘ください。(参考データ 千葉県ホームページより)


多摩ニュータウン散歩 (23)

2024年1月11日 宮入芳雄

 

 

多摩市のURの団地内の公園には不思議なモニュメントが点在する。あえて言うならば京都・銀閣寺の向月台。何の為に作られたのか。子ども達が上り下りするには傾斜が急過ぎる。そのモニュメントに秋の陽が光と影を作っていた。なんだか雪をかぶった富士山に見えてきた。目的はこれ?まさかな・・・。2023.11.29 【多摩市豊ヶ丘2-2】
多摩市のURの団地内の公園には不思議なモニュメントが点在する。あえて言うならば京都・銀閣寺の向月台。何の為に作られたのか。子ども達が上り下りするには傾斜が急過ぎる。そのモニュメントに秋の陽が光と影を作っていた。なんだか雪をかぶった富士山に見えてきた。目的はこれ?まさかな・・・。2023.11.29 【多摩市豊ヶ丘2-2】
落ち葉の中から南アメリカ原産の帰化植物「イモカタバミ」が顔を出して咲いていた。いくら陽当たりが良い場所とはいえ12月。元気が良過ぎる。案外落ち葉の中は思ったより暖かいのかな。2023.12.7 【多摩市豊ヶ丘3-1】
落ち葉の中から南アメリカ原産の帰化植物「イモカタバミ」が顔を出して咲いていた。いくら陽当たりが良い場所とはいえ12月。元気が良過ぎる。案外落ち葉の中は思ったより暖かいのかな。2023.12.7 【多摩市豊ヶ丘3-1】
今年の初詣は空いている「貝取(かいどり)神社」へ。いつもは人影も無い小さな神社だが、それでも少ないながらも参拝者が並んでいて、氏子が甘酒を配っていた。ごちそうさまでした。2024.1.1【多摩市豊ヶ丘2-28・貝取神社】
今年の初詣は空いている「貝取(かいどり)神社」へ。いつもは人影も無い小さな神社だが、それでも少ないながらも参拝者が並んでいて、氏子が甘酒を配っていた。ごちそうさまでした。2024.1.1【多摩市豊ヶ丘2-28・貝取神社】
「ハローキティに会える街」をキャッチフレーズにしている多摩市。なぜか複合文化施設の「パルテノン多摩」正面にキティちゃんの人形が設置されている。夕方、ビルの隙間から差し込んだ夕陽がその姿を浮かび上がらせていた。2023.12.3 【多摩市落合2-46】
「ハローキティに会える街」をキャッチフレーズにしている多摩市。なぜか複合文化施設の「パルテノン多摩」正面にキティちゃんの人形が設置されている。夕方、ビルの隙間から差し込んだ夕陽がその姿を浮かび上がらせていた。2023.12.3 【多摩市落合2-46】
多摩美術大学美術館の解体工事が進んでいる。2000年4月にここに建てられてから23年。つい最近建ったような気がしていたが、23年経っていたのか・・・跡地には13階建てのマンションが建つとの事だ。2023.12.7  【多摩市落合1】
多摩美術大学美術館の解体工事が進んでいる。2000年4月にここに建てられてから23年。つい最近建ったような気がしていたが、23年経っていたのか・・・跡地には13階建てのマンションが建つとの事だ。2023.12.7  【多摩市落合1】
この秋のイチョウは色づくのが遅く、やっと美しく黄葉したと思ったらすぐに落ちてしまった。あまり秋を感じることなく冬に突入した。2023.12.7 【多摩市落合1-33】
この秋のイチョウは色づくのが遅く、やっと美しく黄葉したと思ったらすぐに落ちてしまった。あまり秋を感じることなく冬に突入した。2023.12.7 【多摩市落合1-33】


霧ヶ峰からのたより

2024年1月8日 山田多惠子

 

 

1月8日、連休最終日ですが、朝までに7cmの降雪がありました。

4日に10cm+7cmなので、やっと雪山らしい装いになって

きたところです。

冬季の車山は晴天率が高く青い空が映えます。

年末年始の喧騒が去って行った今日、2月いっぱいまでは霧氷、

樹氷の風景がみられそうです。

車山肩から車山頂上へは40分ほどで登れて、週末は車山肩の冬カフェも営業しているようで、車山湿原を眺めながらお茶ができます。

スキーに、写真撮影に、登山にハイキングにお越しください。

 

霧ケ峰在住 21年山田多恵子

 

よろしくお願いします